日本の夏の風物詩であり、文化でもある花火は、打ち上げ花火を眺めるのも良いですが、手持ち花火をするのも楽しいですよね。
子供や友達との、夏の思い出を彩ってくれるアイテムでもあります。ここでは、そんな手持ち花火を都内で楽しめる公園を紹介していきます。

葛飾区、堀切水辺公園

荒川の河川敷では、基本的に手持ち花火の許可は下りていますが、おススメは堀切菖蒲園駅より南へ徒歩で約15分の場所にある堀切水辺公園です。
こちらの公園は敷地も開けていて開放感もあり、目の前には荒川が流れていてスカイツリーを眺めることもできます。夜はライトアップされたスカイツリーを横目に花火を楽しめ、公衆トイレの水の利用も可能です。
管理が行き届いた花畑や花菖蒲田などがありますので、それらに影響の無いように楽しむと良いでしょう。広々とした園内で、川面を流れる風を感じながら楽しむ花火も、趣がありそうです。

世田谷区、世田谷公園

世田谷公園は敷地が広く、スポーツ施設や公園の一部エリアを利用した遊び場、噴水広場などがある公園です。
三軒茶屋駅より東へ、徒歩で約18分の場所に立地しており、夏はプールの利用もできるようになっています。有料ですが駐車場も完備されていて、四季の花を楽しめる自然豊かな公園でもあります。
花火を行う際に禁止されているのは、打ち上げ花火や音の大きい花火などですが、噴水の近くには花火をするにはちょうど良いスペースもあり、水辺の側という安心感も得られますので、手持ち花火をするにはピッタリと言えるでしょう。
また、園内は街灯も多いので、暗さが不安な方も安心して花火を楽しむことができます。ですが、夜でも比較的人が多い公園ですので、周りの人の迷惑にならないように気を付けた方が良いです。

練馬区、光が丘公園

光が丘公園は、光が丘駅より北へ徒歩で約8分の場所にある公園です。こちらも広大な敷地の公園となっており、スポーツ施設の利用や野鳥の観測などが行えます。
銀杏並木が美しい公園としても有名で、憩いの場として人気のある公園です。花火は3号休憩舎の近くにある水飲み場付近と限られていて、事前に申し込みをする必要がありますが、街灯も明るく、光に照らされた豊富な緑を楽しむこともできます。
なお、利用時間は20:00まで、有料駐車場もあり、こちらも打ち上げ花火や大きな音の出る花火は禁止されています。
そして、光が丘公園は、日のある時間帯はランニングをする人や、散策をする人が多数見られますが、夜は人通りが少なくなる公園でもありますので、気になる方は注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です