自然の中で気の合った仲間や家族とやるバーベキューは楽しいものです。でも、初めての方はどんな道具を準備すれば良いのか、場所はどんなところを選べば良いのかなど悩むこともありますよね。

そこで、これからバーベキューを始めたいという方のために、道具の準備と場所の選び方の注意点についてまとめてみました。

道具を借りてスタートする方法もある

バーベキューをこれから始める人が、すべての道具を一度に揃えるのは大変です。また、たくさんの道具を運ぶ方法も考えておく必要があります。そこで、最初はすべての道具を一度に揃えるのではなく、借りられるものは借りてバーベキューをスタートするということも検討してみてください。

まずは借りた道具でバーベキューを初め、徐々に自分のスタイルを確立しながら気に入った道具を買い足していくことも楽しいものです。

バーベキューをするのに必要な道具

バーベキューをするのに、これだけは必要という道具を集めてみました。でも前に書いたとおり、場所によっては借りることができる道具もあります。特に、焼くための道具やテーブルとイスなどは、借りたり現地で買ったりできることもありますので、場所を選ぶときに十分チェックすることが大切です。

焼くための道具

まず、焼くための道具としてバーベキューグリルかコンロと、その上に乗せる鉄板・網が必要です。グリルの燃料には炭を使います。慣れないとこの炭に火をつけるのが大変なので、炭を買う時には併せて着火剤を買いましょう。それからライターまたはマッチが必要ですが、これに加えて、火起こしにはうちわと軍手があるととても役に立ちます。

調理器具

調理器具は、まな板と包丁、野菜や果物の皮をむく小型ナイフかピーラー、トング、キッチンバサミなどです。食器類は人数に合わせて、大皿と菜箸、小分け用の取り皿、コップ、箸、フォーク、ナイフなどを揃えてください。皿やコップは使い捨ての紙のものでも大丈夫ですが、肉を食べる時にはプラスチックのナイフとフォークではやや不便です。

調理用のほか手洗いにも使いますので、水を入れるタンクを持っていきましょう。人数によりますが、4人でのバーベキューなら10リットル前後のものが目安です。あまり大きなものは水を入れて運ぶのが大変なので、小さめのものを複数使うという手もあります。

補助的に必要な道具や消耗品

補助的に必要な道具や消耗品も意外と重要です。あまりかさばらないものなので、台所を見回して気がつくものがあったら持っていきましょう。アルミホイルや串は調理器具として使います。そのほかに、ボウルやザル、ラップ、調理用のビニール手袋、ウェットティッシュ、キッチンペーパーなどが役に立ちます。

また、ゴミは持ち帰らなければならないことが多いので、ゴミ袋は必需品です。食器を持ち帰る際には軽く洗うことが必要なので、スポンジやたわし、洗剤なども必要です。

食材と調味料についてはお好みのものを持っていくことになりますが、味の好みは色々ですので、調味料については幅広く持って行っても良いと思います。また、食材と飲み物はクーラーボックス2つに分けて入れると使いやすくなります。

そのほかに快適に過ごすための道具として、テーブルとイス、日よけ用のタープ、レジャーシートなどがありますが、季節や場所によって必要なものが異なります。地べたに座るのなら、レジャーシートのみでも大丈夫です。ほかに、虫除けや傷薬、傷テープなども持っていきましょう。

バーベキューの場所選びの注意点

バーベキューができる場所は、設備の整ったところから川原のような何もないところまで、さまざまです。場所選びのときにチェックする点はつぎのようなものです。
・道具や消耗品の貸し出しや購入が可能かどうか
・水道や井戸水が利用できるか
・日よけ、雨よけ、トイレなどの設備が整っているか
・近くに食材を買ったり追加できる場所があるか
・駐車場があるか、車がバーベキュー場まで入れるか
・安全性(特に管理人がいない川原などでは、天候が急変した時の安全性を自分で判断する必要があります)

まとめ

道具をすべて自分で用意する人から、ほとんど手ぶらで行く人まで、バーベキューをする人のスタイルはさまざまです。

ぜひ、自分のスタイルを見つけてバーベキューを楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です